--.--.--(--)--:--   スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.24(Fri)07:00   一年目の手紙
「初恋の人からの手紙」のシリーズ、「一年目の手紙」をやってみました。
赤字は私のツッコミです。



今日で付き合ってちょうど1年だね。
節目だし、最近はろくに話し合えたりもしていないから、今日ぐらいは真面目に思ったことを伝えるよ。

とはいえ、何から書こうかな…。みくりの水着が肌色なことについて?(笑)
まぁ記念日にわざわざ書くようなことじゃないな。話を変えよう。
肌色な水着って…ハダカにしか見えないだろ!(笑)

そうそう、最近思うんだけど、みくりってすぐ「私のこと好きじゃない気がするから別れる」とか言うよね。おれは何も言ってないのに。電話すると、いきなり思い詰めててびっくりするときがあるよ。
おれってそんなに信用されてないかね?この一年間で別れたいと思ったことなんか一度もないけど、「別れたそうだから…」ってのは10回は言われたと思う。もう少しどんと構えていてほしいんだけどな。
うーん、付き合った人にそんなこと言った記憶はないなぁ

正直言えば、ここのところ、おれは疲れていると思う。おれなりに一生懸命付き合っているつもりなんだけど、あまり信頼されていないし、みくりの笑顔も最近は見てないし、窮屈な気分だよ。感謝もされないし、文句ばかり言われているようなイメージ…。
みくりはみくりで、自信がないんだと思うんだよね。昔からそうだったし。でもおれは、そうやってみくりの弱さの問題をおれにぶつけてくるのが不満。おれはみくりのそばにいないよりいるほうがいいはずなのに、なんでこんなに文句言われるんだろうって思うよ。
うー、自信がないのは当ってるかもね。それは恋愛に対してだけじゃなくて全てにおいて。

…って結局は文句ばっかり言ってる自分…。
もっと前向きなこと書くね。記念日だってことを忘れてた。

ここまでひどいことを書いてきたけど、なんだかんだ言って、おれはみくりに感謝してるんだ。
おれは性格がキツイし人に優しくないから、みくりみたいな性格がまるで仏様に思えたし、正反対の人間だと思った。いろいろと批判したりしてしまうけど、みくりの理解があって人に優しいところは、おれは大好きなんだよね。そこは変わってほしくない。

みくりが言っていた「どんなに困難があっても二人の気持ちさえブレなければ大丈夫だよね」っていうセリフをおれは今でも大切にしているし、おれもそう思っている。だから、これからの一年も、また次の一年も、一緒にいられると思ってるし、一緒にいたい。
おぉ、なんか真面目だねー。ツッコミ処がなくて逆に困る…。

これからもたくさんすれ違いとかあると思うけど、二人なりに、支え合いながら進んでいこう。あ、それと、10万ぐらいで買わされた壺をおれに転売しようとしないでくれ(苦笑)。
そんな高い壺買わんわ!!

では、これからも末永くよろしく。みくりがいてくれてよかったよ。ありがとう。

P.S.誕生日にあげた指輪をオークションで売って、かに道楽に行ったらしいな。
私、オークションでモノ売ったこともないし、かに道楽に行ったこともないんだけどね。



問題点
◆恋愛では我慢の連続だ。
◆好きな人には、自信のなさによって言いたいことが言えない。
◆ときどきプライドを発揮すると、逆にかわいくないことを言ってしまう。

当ってるかもねー…。
反省…。
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。