--.--.--(--)--:--   スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.23(Tue)07:00   DVD「赤い風船/白い馬」
赤い風船
DVD「赤い風船/白い馬」
出演: パスカル・ラモリス, サビーヌ・ラモリス
監督: アルベール・ラモリス
(ストーリー)
『赤い風船』
ある朝少年パスカルは一個の赤い風船が街灯に引っかかっているのを見つける。パスカルは街灯によじ登って風船を手に取り、そのまま学校へと向かう。風船と一緒に登校し、時間を過ごすうちにいつしか風船はパスカルの友達になり、彼の行く先々に付いて来るようになった。ある日いたずらっ子たちが風船に石を投げつけて、風船はしぼんでしまう。すると町中の色とりどりの風船が集まってきて、パスカルを空高くつれていってしまうのだった。
『白い馬』
南仏カマルグの荒地に野生の馬が群生していた。ある日群れのリーダーの白い馬が牧童たちに捕えられるが、すぐに柵を破って逃げ出す。少年フォルコは白い馬を牧童から守ろうと忍び寄り手綱を掴むが、湿地帯を引きずりまわさせる。手綱を放さないフォルコに白い馬は心を許す。しかしすぐに再び牧童たちに見つかってしまう。どこまでも逃げるフォルコと白い馬はそのまま海に飛び込んで、波の彼方に消えていく。"人間と馬が仲良く暮らせる場所"を求めて…。
(amazonより)



なんて素敵な映画!!
かわいすぎるーー。純粋で清らか…。
前々々の記事の「エコール」も子ども(少女)の純粋さを描いたんでしょうけど
どうしてこうも違うのか。
「エコール」は生々しさ、残酷さがあるからだろうか…。


「赤い風船」
メルヘンチックでノスタルジックでほのぼのです。
風船と男の子の友情…生き物のようにどこまでもついてくる風船がかわいくて…。
しぼんでしまったのは悲しいけど、仲間の風船がたくさん集まって
少年を空に連れて行くところは色鮮やかで美しかったです。
そういえば、街も、人々の服装もあまり鮮やかではなくて
風船だけが色鮮やか…。
言葉も少なくて、絵本の世界のようでした。

「白い馬」
白く気高き馬と少年の友情物語。
モノクロ映画です。色がないのが残念ー。
でもきっと美しい色彩なんでしょうねぇ。
少年フォルコなんて、きっと美しい肌なんでしょうな。
この少年、かっこよすぎじゃ。いくつだよ…。

2つの作品とも、少年と風船or馬の友情物語で、
そして少年とともに旅立ってしまう映画なんですね。
どんなところに行ってしまったんだろう…。
家族を置いて行ってしまっていいのかー!なんて
現実的な考えの私は思ってしまうんですが…。
子どものころってそういう夢を抱いていたかもしれないな…。しみじみ…
いいですよね、この作品!
清らかで心癒される・・・
私は何度か繰り返し見てしまいました^^

この映画に出てる少年たちも今は
立派なオジサンになってるんだろうな~なんて
考えると、不思議な気分になってきます(笑
2009/06/27(土) 20:36:39 | URL | まる [ 編集]
こういう癒される映画が観たいです。
最近はちょっとスカばっかりなので・・・

最近見たといえば天使と悪魔、位かなあ。
2009/06/30(火) 12:50:17 | URL | GURO助 [ 編集]
コメントありがとうです~
v-22まるさんへ

まるさんが紹介してたので観ましたー!
想像通りの素敵なほのぼの映画ですね♪
あぁぁ、そうか…
もう立派なおじさんですよね、少年達。
映画の中では永遠に少年なのになぁ。
しみじみ…
2009/06/30(火) 14:20:12 | URL | みくり [ 編集]
コメントありがとうです~
v-22GURO助さん

ブログに遊びにきてくださって
ありがとうですーー。
「天使と悪魔」を観たんですか~。
私は前作さえも観てません(爆)
アクションものとかサスペンスものとかも
いいですけど、癒される映画もいいですよね。
疲れているのでしょうか(汗)
2009/06/30(火) 14:22:31 | URL | みくり [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。